企業情報化協会「2020年度(第38回)IT賞」受賞企業決定

公益社団法人企業情報化協会(通称:IT協会)が今年度のIT賞受賞企業を発表した。
IT賞は、同協会がわが国の産業界において、“ITを活用した経営革新”に顕著な努力を払い優れた成果をあげたと認めうる企業・団体に対し授与している表彰制度で、

昭和58年の第1回より今年で38年目を迎える。

当塾採用のシステムAssistが「2020 IT賞」で「新しい生活様式」への

対応領域部門においてIT奨励賞受賞を受賞しました。
コロナ禍に対応したシステムであることが評価されてのことかと思います。


お子様を合格へアシスト!

偏差値(中3生 7月40→10月49→受験前58へ)驚きの成長!!

こんな生徒に育ってくれました!

(*合格への道は、無料体験を通じてお聞きくださいね。)

         【前向きになる塾!】

【元気の出る塾!】

この塾に通って良かったね!

と言われる塾を続けていきます。

 

我が家の塾生たちは、素直で可愛らしい子達ばかりです!授業中は緊張感が漂ってます。

  • お子様の成績が上がらない。       
  • 学習塾にお金がかかり過ぎている。                   
  • お子様が全然勉強してくれない。
  • 志望校に合格してくれるか不安。

お子様の勉強に関するすべての悩みには、明確な原因があります。どれだけ学習塾に通ったとしても、「受け身学習」をしている限り、成績は上がりません!目標を明確にし、理想と現実の差を「能動的に」埋めていくことが必要です。差の埋め方も仕組みを作れば簡単で、「2度と同じ間違いをしない」人間になれるのです。欧米では、まず勉強のやり方を学校で習ってから!学習課程が始まるにも関わらず、日本では勉強のやり方は一切教わりません。野球の練習方法を教えてもらえないまま、ずっと野球をやっているようなものです。それでヤル気を出そうと言っているのです。練習方法を知ることで大きく飛躍(jump)する可能性を全てのお子様が秘めています!


5月「塾内中間テスト」実施!

学校での中間テストがないので、塾内で春から積み上げてきた成果を試すため「塾内中間テスト」を各学年実施しました!その後は、解き直しを個人別指導で100点に仕上げました。



続いて、高3のSさん!期末テスト(理数)で

高得点を出しました~飛躍したね。

夏期講習で更にパワーアップの後押しします!


令和2年 2学期末テスト対策  初めての方は無料です!     11/20(金)まで受付してます。

*受講後の入塾勧誘は一切、行っておりませんので

お気軽に受けて下さいね!!




小学生~英語強化!!

2020年の英語教育カリキュラム開始に伴い、2018年から小学校で英語学習が本格的に始まります!

学習指導要領が見直され、2020年から小学校・中学校での英語教育が大きく変わることになりました。 
そのための移行措置として、2018年から段階的に英語活動および英語科目が導入されます。 

新しい英語教育によって小学校卒業時に最低限の単語を身に着けたうえで、中学校ではより対話的な授業がオールイングリッシュで行われるようになります 。

「聞く」「読む」「書く」に加え「話す(対話)」「話す(発表)」能力を育てるために、ニュース記事について自分の意見を話したり、仲間の意見を聞く、などの授業が導入されます。

 

当塾では、既に「聞く」「書く」以外に「読む」「話す」の技能も習得できるよう授業(ネイティブ英語)取り入れております。*残念ながら、まだ、公立の学校においては、それに対応できる先生が不足してるとか・・・

 

先ずは、英単語を見て「読める」ということが重要であると考えます。小学校に入ってから初めて、漢字の練習の事を思い出してみて下さい。初めて目にする漢字を見て「先生!これ何て読むの?」と聞きますよね。読めるようになると次は書き順ですよね(一生懸命ドリル帳に書き込んだのを思い出します。)

「読める⇒書く」そして最後に漢字の意味を落とし込む。これが英語も同じなのです!単語力(語彙力)が備われば、英文法もすんなり頭に入ってきます!

 

当塾では、問題を解く前に、テキストに載ってる「読めない・解らない単語」があると、先に辞書(読み方と意味)で調べさせます。(大事なことは面倒くさい)下準備を終わらせて授業に入ると解り易くなります。また、小学生や中学生(非受験生)でも高校入試ランク順英単語のテストも随時、行っております。

(先生の前で発音⇒日本語訳の順で正解⇒合格)


英検 準会場(当塾)で受験!


新着情報

公式ツイッター